古物営業法
古物商とは?古物商許可が必要な7つの取引パターン

法の規定する「古物」「古物商」の定義から見えてくる「許可が必要なケース」を、行政書士がわかりやすく解説します。

続きを読む
古物商の義務
古物商の本人確認 - 保険証の番号等を控えてはダメ!4つの対処法

古物商が相手方の本人確認書類として健康保険証を利用する場合、その記載される記号・番号等にはマスキングを施すなどの措置が必要です。

続きを読む
許可後の手続
【引っ越し】古物商の住所変更の届出書の書き方【記入例付】

引っ越し等により住所が変わったときは、14日以内(法人は20日以内)に届け出る必要があります。個人や法人、管理者の変更届出書の書き方を解説。

続きを読む
許可後の手続
古物商の営業所移転の変更届出書の書き方を解説【記入例付】

古物商の営業所を移転させる場合、3日前までに警察署への届出が必要です。届出を怠った場合、行政処分や罰金が科せられる可能性があります。

続きを読む
古物商の義務
貴金属等を取り扱う古物商必読!犯罪収益移転防止法における義務

貴金属等を取り扱う古物商は、古物営業法における義務に加え、特定の条件の下、犯罪収益移転防止法のおける義務が課せられます。

続きを読む
申請手続
行政書士に申請代行を依頼する3つのメリットと費用の相場 - 古物商

古物商の許可申請を行政書士に依頼した場合の3つのメリットを具体的事案から考察し、その費用の相場について行政書士が解説します。

続きを読む
申請手続
7つのステップで古物商許可を簡単申請 - 許可申請ガイド

古物商の許可申請の手続きを7つのステップに分けて解説します。許可が必要か、欠格事由がないか、営業所や管理者の選定、公的書類の取得、申請書の作成などのポイントを行政書士が紹介します。

続きを読む
申請手続
古物商の申請費用は個人と法人で変わる?公的書類の発行費用や節約のコツを紹介

「古物商許可が必要だけど、実際、いくらかかる?」許可申請に必要な費用や公的書類について、個人と法人での違いや節約のコツを詳しく解説します。

続きを読む
古物営業法
個人許可と法人許可の違いや名義変更の可否について解説 - 古物商

古物商許可は、個人で取得する場合と法人で取得する場合がありますが、その違いとは?名義変更の可否やどちらで許可を取るべきかについて行政書士が解説します。

続きを読む
許可後の手続
役員が就任又は退任した場合の変更届出書の書き方(記載例付き)- 古物商

役員の就任や退任等があった場合に必要となる変更届出の書き方や添付書類について行政書士が解説します。

続きを読む
行政処分
古物商許可が取消しとなる6つの事由と2つの救済手段

古物商の許可は一度取得したからといって安心できるものではありません。古物営業法によって、許可が取り消される可能性があることをご存知でしょうか?許可取消の原因や救済の手段を行政書士が解説します。

続きを読む