ラップトップの前で頭を抱える女性

こんなお悩みありませんか

  • 古物商許可が必要だけど何をすればいいかわからない
  • 書類がたくさんあって集めるのがメンドウ
  • 他の仕事があるので平日の日中に時間が取れない
  • 警察や役所での手続きが苦手・嫌い
  • 手っ取り早く古物商の許可が欲しい
  • もう全部任せたい
スマートフォンを見て笑顔になる男性

それ、行政書士におまかせください

行政書士は、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続を行う専門家です。

面倒な必要書類の収集、警察署との事前調整から書類提出手続まで、行政書士におまかせください。

ご自身で書類提出される場合でも、「あとは署名と日付を記入すれば申請可能」な状態で申請書・添付書類をお渡ししますので、安心してご依頼ください。

3つのおまかせ

ヘイワード行政書士事務所では
「3つのおまかせ」をコンセプトに

ご依頼者様のご負担が
必要最低限で済むようサービスを提供してまいります

両掌を見せる笑顔の女性

書類収集も
おまかせ

許可申請書の作成はもちろん、必要な書類は行政書士が収集・ご提供します

タイピングする男性と覗き込む女性

許可取得後も
おまかせ

許可取得から3か月間無償にて古物商営業に関するご質問・ご相談承ります

書類提出も
おまかせ

東京23区内の管轄警察署への申請代行承ります(別途費用が掛かります)

書類収集もおまかせ

メンドウは丸投げOK

 許可申請書の作成はもちろん、添付書類として求められる「住民票の写し」から「身分証明書」、法人のお客様は「登記事項証明書」まで行政書士が請求の上ご提供します。また「略歴書」に関しましても、ご依頼者様からヒアリングの上、正式な書類として作成いたします。お預かりする個人情報につきましては、弊所プライバシー・ポリシー及び行政書士法第12条(守秘義務)に則り、厳粛にお取り扱いいたしますので安心してご依頼ください。「あとは署名と日付を記入すれば申請可能」な状態で申請書類一式をお渡しします。

許可取得後もおまかせ

安心のアフター・サポート

 古物商には「相手方の確認義務」「取引の記録義務」など、いわゆる、防犯三大義務が課せられています。これら義務は法律に規定されていますので、万が一にでも違反をすれば、罰金刑や懲役刑を科せられるほか、営業停止や許可取消といった行政処分にも課せられる可能性があります。古物商営業に関し疑問やご不明な点があるときは、問題が大きくなる前に、ぜひ弊所行政書士にご相談ください。審査期間中はもちろん、許可を取得した後でも3か月間無料で行政書士にご相談いただけます。(メールでの受付となります)

書類提出もおまかせ

平日日中忙しくても大丈夫

 古物商の許可申請は、郵送やオンラインで行うことはできず、申請書および添付書類一式を持って営業所の所在地の管轄警察署に実際に出向いて行わなければなりません。本業やその他の業務等で平日の日中に時間を作ることが難しいご依頼者様のため、弊所では東京23区内の警察署への申請代行を承っております。専門家である行政書士が窓口での対応を含め責任を持って提出・申請いたしますので安心してお任せください。(東京23区内の警察署のみ、別途費用がかかります)

あとはご依頼いただくだけ

商品を手に取る男女

プライベート
(個人のお客様)

Private

¥30,000(税込)
別途、国への申請手数料 ¥19,000 が必要です

申請書の作成
住民票の収集(管理者1名まで)
身分証明書の収集(管理者1名まで)
略歴書の作成
その他必要書類のご案内

管理者が2名以上の場合:
+¥5,000(税込) / 1名

会議中の3人の女性

コーポレーション
(法人のお客様)

Corporation

¥40,000円 (税込)- 役員・管理者1名まで
別途、国への申請手数料 ¥19,000 が必要です

申請書の作成
住民票の収集(役員・管理者1名まで)
身分証明書の収集(役員・管理者1名まで)
登記事項証明書の取得
略歴書の作成
その他必要書類のご案内

役員・管理者が2名以上の場合:
+¥5,000(税込) / 1名

ビジネスマンがブリーフケースも持つ様子

書類提出代行
(オプション)

Representative application

¥5,000~(税込)
東京23区内の管轄警察署のみ

中央区、千代田区¥5,000
江東区、墨田区、台東区、港区¥7,000
江戸川区、葛飾区、荒川区、
文京区、
新宿区、
渋谷区、
目黒区、品川区
¥10,000
足立区、北区、豊島区、
板橋区、練馬区、
中野区、

杉並区、世田谷区、大田区
¥15,000

ご依頼・手続の
流れ

01 お問い合わせ
まずは、お問い合わせフォームまたはお電話にてご相談ください。
通常1営業日~2営業日以内にご連絡させていただきます。
スマホを手に持つ女性
02 お見積もり~お支払い
お見積りのご提示させていただきます。
ご納得頂けましたら報酬(申請代行をお申し込みの場合は弊所への報酬に加えて国への申請手数料)をお支払いいただき契約成立となります。
03 ヒアリング
メールまたはヒアリングシートをご案内いたしますので、申請等に必要な情報をご提供ください。
ヒアリングシートはPCやスマートフォン等でご入力いただけます。
04 即日着手
住民票および身分証明書請求のための委任状をご案内しますので、署名(または記名・押印)の上、当事務所までご返送ください。また、管轄警察署への事前確認やその他必要書類の収集、ご依頼者様にご用意いただく書類のご案内など同時に進めてまいります。
05 完成書類の郵送・提出代行
ご自身で提出される場合:完成した申請書類一式を郵送いたしますので管轄警察署へご提出ください。


提出代行を依頼された場合:行政書士が管轄警察署にて申請手続を行い、手続きが完了した際にはご連絡いたします。

よくあるご質問

相談・見積は無料ですか

はい、無料です。ページ下部のお問い合わせフォームよりご相談ください。1~2営業日以内にご連絡させていただきます。

東京在住ではないですが依頼できますか

はい。全国47都道府県からのご依頼を承っておりますのでお気軽にご相談ください。なお、書類提出代行(申請代行)につきましては「東京23区内の管轄警察署に提出する場合のみ」とさせていただいております。

住民票などの発行手数料は別途請求されますか

各種証明書の発行手数料や郵送にて請求した場合の送料等、すべて弊所が負担いたします。ただし、委任状を返送する際の送料等、ご依頼者様から弊所へご送付いただく場合の費用につきましてはご負担いただいております。

提出代行を依頼した場合、日当が発生しますか

別途、日当の請求をすることはございません。また、交通費に関しましても同様です。そのため、提出代行は東京23区内の管轄警察署のみとさせていただいております。

許可がとれるまでどれくらいの期間がかかりますか

書類作成には、各種証明書の請求に必要な委任状をお預かりしてから、最長で1週間ほどみていただいております。申請書類等を管轄警察署に提出してから許可が下りるまでは、約40日(土日祝日除く)前後とされています。

クレジットカードや○○Payは使えますか

申し訳ございません。現在対応しておりません。現金または当事務所指定の銀行口座(三菱UFJ銀行)へのお振込みでお願いしております。また、振込手数料に関しましては、恐れ入りますが、ご依頼者様のご負担とさせていただきます。

お問い合わせ

以下のフォームにご依頼者様情報とお問い合わせ内容をご入力いただき、「送信」ボタンを押してください。

1~2営業日以内にご連絡させていただきます。

個人情報について

お預かりするご依頼者様の個人情報につきましては、

当事務所のプライバシーポリシー及び行政書士法第12条(守秘義務)に則り、厳粛にお取り扱いいたします。

    事務所名称ヘイワード行政書士事務所
    所在地東京都中央区京橋3-3-13 平和ビル3号館3階
    電話番号03-5324-2020
    代表・行政書士平野 喬志 Hirano, Takashi
    所属会東京都行政書士会中央支部